結婚行事のジンクス おまじない|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Blogスタッフブログ

結婚行事のジンクス おまじない

結婚を決めたお2人にいろいろな行事を行う前に知っておいてもらいたい、昔からあるジンクスについてご紹介します。

さて、いったいどのようなジンクスがあるのでしょうか。

 

<6月の花嫁「ジューンブライド」は、ローマ神話の女神からくるもの>

よく知られているのは「ジューンブライド」というワードですね。

ジューンプライドはヨーロッパを起源とし、「6月に結婚する花嫁は幸せになれる」といわれるジンクスです。

由来には諸説ありますが、6月「June/Juno」の語源でもあるローマ神話の女神、ユノーが有力説です。

ギリシャ神話では最高神・ゼウスの正妻としても知られるこの女神は、結婚や出産をつかさどっています。

家庭や女性の守り神として長いこと崇め奉られてきました。

彼女が守護する6月にはユノーの祭礼が古来より行われていたことから、

この月に愛するひとと結ばれた花嫁は生涯にわたり幸福になる、と信じられるようになったのです。

6月は日本で梅雨の季節にあたりますが、「雨降って地固まる」とのことわざも結婚式のスピーチでは古くからよく使われています。

挙式や婚姻届はいつにしようか迷った時このジューンブライドを思い出して6月の吉日に的を絞るのも、お勧めです。

 

<マザーグースにも登場するといわれる“サムシングフォー”>

結婚式の日に、花嫁が身に着ければ幸せになれる4つのアイテムがあります。

それらは“サムシングフォー”と呼ばれます。

ヨーロッパで古くから伝わるおまじないです。

まずひとつめは「サムシングオールド」古いものです。

先祖から伝わる幸せを受け継ぐようにと、主に母や祖母の愛用していたジュエリーやグローブなどが選ばれます。

ふたつめは「サムシングニュー」新しいものです。

これからの新生活への希望を込めた品で、一般には白くまっさらなウェディングドレスや手袋などが選ばれるようです。

3つめは「サムシングボロー」借りたもの。

幸福のお裾分けを頂くという意味を持ち、ひと足お先に結婚生活を送っている友人などから、ハンカチやアクセサリーといった小物を借りるのが一般的です。

最後は「サムシングブルー」純潔と聖母マリアを象徴する青色をしたものをいいます。

目立たないよう身に着けるのが好ましいとされ、ガーターベルトなどのランジェリーやウェディングブーケの花、リボンなどにさりげなく用いられるのが一般的です。

 

どれも、気軽に取り入れられるものばかりなのでぜひ用意してみてください。

 

<演出の「ファーストバイト」や「フラワーシャワー」>

サムシングフォーに加え、挙式当日に行われるさまざまな演出にも、幸せのジンクスが秘められていると考えられています。

たとえば、結婚してからいちばん最初の食事を新郎新婦で食べさせあう「ファーストバイト」もそのひとつ。彼から彼女へは「一生、食べるものに苦労はさせないよ」という意味が、

そして彼女から彼へは「いつも美味しいお料理を作ります」という意味が込められているようです。

そして、結婚式を挙げた後にチャペルを退場する際、花びらが降りそそぐロマンチックな“フラワーシャワー”にも意味があります。

こちらは新郎新婦への祝福、そして花の香りで場を清めるという意味を持つそうです。

 

このように、結婚の行事には沢山のジンクスが隠されています。

自分自身のやりたい演出にプラスして組み込んでみるのも楽しそうですね!

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top