神戸の結婚指輪・婚約指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Fancycut diamondファンシーカットダイヤモンド

Emerald cutエメラルドカット

エメラルドカット

エメラルドカットとは、1500年代にエメラルドの光沢を引き出すために生まれたカットです。
エメラルドはダイヤモンドのようにブリリアントカットを施しても輝きがあまり出ません。なので、エメラルドの透明感や光沢を活かすカットが施されました。落ち着きのある輝きと、透明感がエメラルドカットの特徴です。
1900年にはダイヤモンドのカッティング技術が飛躍的に進歩し、様々なカットが生まれました。その頃からダイヤモンドでエメラルドカットが施されるようになりました。
1950年ごろ日本にもエメラルドカットのダイヤモンドが入ってくるようになり、控えめな性格と細部にまでこだわる高い美意識をもつ日本人女性にはダイヤモンドの品質、美しさを映し出すエメラルドカットのダイヤモンドは大変な人気となりました。
エメラルドカットのダイヤモンドは強い輝きではなく澄んだ透明度が特徴ですので、日本の伝統的な着物にも合わせることができるのも日本で人気の理由の一つです。

エメラルドカットされるダイヤモンドには原石の品質の高さが求められます。
綺麗なエメラルドカットを施すことの出来るダイヤモンドは全体の約2%ほどです。
エメラルドカットのダイヤモンドは輝きが少ない分テーブルから石の内部がよく見えるので、内包物が非常に目立ちます。美しい仕上がりにならなければダイヤモンドの価値を下げてしまう可能性があります。
なので、完璧なエメラルドカットのダイヤモンドは本当に貴重なのです。

綺麗なエメラルドカットのダイヤモンドを見分ける方法

  • ・透明度が高く内包物の少ないもの
  • ・縦横の比率 1:1.5~1.75 が理想的なサイズ
  • ・コーナー(角)の大きさが大きすぎないもの

コーナーのカットが大き過ぎると8角形のような形になり、エメラルドカット特有の透明感があまり感じられなくなってしまいます。逆にカットが小さすぎるとダイヤモンドの輝きが弱まり、美しさを感じられなくなってしまいます。
エメラルドカットのダイヤモンドは原石の質とカットの技術・方法によって価値が大きく変わってきますので、実際に手に取って確認することが大切です。
エメラルドカットは、専門知識がなくても品質が判断しやすいというのも手に取りやすい要素の一つです。

Cushion cutクッションカット

クッションカット

クッションカットは18世紀頃には既に存在していたので、正確には新しいものではありません。けれど、19世紀以来、特にこのシェイプの人気が高まったのはアールデコ時代が訪れたからです。幾何学的クッションカットは、この時代のジュエリーに好んで使用されました。シェイプは正方形または長方形のいずれかで、角が大きく、大きなファセットがあります。これにより、ダイヤモンドにユニークで驚異的な輝きを得ます。ファセットが大きいため、ダイヤモンドの透明度(クラリティ―)が非常に重要となります。

(ヴィンテージ)アールデコジュエリーの人気が高まっている現在、クッションカットダイヤモンドの需要が高まっていることは不思議ではありません。このダイヤモンドシェイプがカムバックしています。クッションカットダイヤモンドのエンゲージリングは時代を超越してエレガントで、伝統を好むけれどそれだけでは物足りない女性に理想的です。ハリウッドのスターだけでなく、クッションカットダイヤモンドを使ったエンゲージリングを持つ女性が増えています。

クッションカットのダイヤモンドは、アンティークでも現代的なものでも、サイドにカーブがあり、角は丸くなっています。クッションカットダイヤモンドの魅力としてバラエティの多さがあります。細長く、長方形のプロポーションもあれば、丸みを帯びたスクエアに近いものもあります。また、ファセットの配置の多様性が幅広く、これにより外観に影響を与えます。加えて、このスタイルはファンシーカラーダイヤモンドも美しく見せます。

この独特なシェイプは、一世紀以上に渡って人気を誇っています。クッションカットダイヤモンド(「ピローカット」ダイヤモンドとも呼ばれています)は、丸みのある角と大きいファセットが輝きを増す効果があります。ファセット面が大きいと、他のシェイプより内包物が見えやすいため、低いクラリティグレードを選ぶ場合は、必ずダイヤモンド証明書のクラリティプロットを確認してください。クッションシェイプのダイヤモンドは、正方形のものから長方形のものまであります。

Princess cutプリンセスカット

プリンセスカット

プリンセスカットとは、ダイヤモンドカットの種類です。ダイヤモンドは不純物などの内包物がなく無色透明な石がより美しく輝きます。カットによってその輝きは大きく変わってきます。ダイヤモンドのカットのポイントは、対称性を保つことと丁寧なポリッシュ、そしてカットデザインです。カットの結果、ハート&キューピッドがダイヤモンド専門のスコープで見えるときれいない仕上がりになるといわれています。プリンセスカットに関しても同じことが言えます。

このカットは20世紀の中盤から後半にかけて注目されるようになり、現代においても人気が高いカットです。プリンセスカットという名前からも女性を彩るジュエリーにふさわしいカットとしてとても人気です。

プリンセスカットは可憐な輝き、高貴な美しさがあることから、この名前がついたといわれています。特にアメリカでは以前からプリンセスというネーミングから婚約者に贈る指輪として好まれ、日本でも婚約指輪としてプリンセスカットの指輪を選ぶ人が増えてきています。プリンセスカットの特徴は、カットの面が細くて繊細であること、カット面の数が多いことです。モザイク模様のように見えると表現されることもあります。結果的にカット面の面積が狭くなり、外観上は滑らかに見えることも特徴と言えます。カット面が多くなると独特の反射光を生み出すことになり、高貴な印象の輝きを放ちます。

また、ほかのカット方法と比較すると原石の厚みを活かしたカット方法ですので、研磨によるロスが少ない点も特徴です。さらに、シンチレーションと呼ばれる上から見て目線を移動した際に見える光とブリリアンシーといわれるキラキラと輝く白色光、内部反射、外部反射を持つのも特徴です。

プリンセスカットにも、欠点はあります。細かくカットを施しているためエッジが欠けやすいという点です。そのため、取り扱いには注意が必要で、購入後はエッジの欠けから守るための注意も必要になります。指輪を身につけているときは、ぶつけたりしないように注意することが大切ですが、プリンセスカットのダイヤモンドは特に注意しましょう。また、定期的に石座の爪の損傷検査を行うことも大切です。この部分が曲がったり折れたりしているとダイヤモンドの固定が緩みます。その結果、ダイヤがずれてしまい疵の発生リスクが高まり、欠けにつながる可能性があります。購入した宝石店などで定期的にチェックするように心がけましょう。さらに、少しでも欠けた場合は、欠けた部分が鋭くとがってしまいさらに欠けやすくなります。欠けてしまった場合は、速やかに修理して、それから身につけるように注意しましょう。

Flanders cutフランダースカット

フランダースカット

ダイヤモンドのカットの一つであるフランダースカット。

フランダースカットとは何なのか、フランダースカットの特徴とは。

フランダースカットとは通常八角形にカットされたダイヤモンドの事をいい、ダイヤモンドの本場であるベルギーのフランダース地方アントワープ市で誕生したカットです。ダイヤモンドの屈折や反射を光学的な理論により計算し美しい輝きが追求されています。そんなフランダースカットの特徴、それはラウンドブリリアントカットにも勝る輝きです。ラウンドブリリアントカットのように光をキレイに反射させ尚且つその美しい見た目という2つの魅力を兼ね備えた完璧なカットとされています。

フランダースカットのダイヤモンドは、上にも記載させて頂いた通りダイヤモンドの本場ベルギーで誕生し、1987年により美しさを求めて考えられたカットの方式で誕生から今日までベルギーの王室でも長年愛され続けている美しく高貴なカットです。世界のダイヤモンドの集石地であるアントワープ市が厳選し、ベルギーの王室に献上したダイヤモンドこそがフランダースカットダイヤモンドです。

ですが日本ではあまり見かけません。なぜ見かけないのか。それはフランダースカットが世界的にとても希少価値の高いものだからです。このフランダースカットは通常よりも原石を小さく削るため、通常のダイヤモンドの何個分もの価値を持ちそして希少なものになります。その経緯から日本ではとても珍しいジュエリーとなっています。全てのフランダースカットダイヤモンドは原石から研磨し仕上げられているのでリカット(再研磨。ダイヤモンドの形を変えること)が出来るダイヤモンドとは違いとても希少性が高くなります。また、世界でもごく一部の富裕層のみが手に入れることのできるダイヤモンドがフランダースカットダイヤモンドなので、大変貴重なジュエリーです。

決してギラギラしすぎることなく上品に美しくキラキラと輝くそれはどんな場面でも遺憾なく発揮され、特に宝石を身につけた方達が集まるパーティーなどの場所ではより個性を出しながら美しく輝く事ができることでしょう。

世界中にはたくさんの宝石があり、自身に似合うジュエリーを日々探究する事で今お持ちのご自身のジュエリーを超える自らにより輝きを与えてくれるジュエリーに出会えるのではないでしょうか。

その確かなクオリティー、個性の時代に応えるオリジナリティー、それらを兼ね備えたフランダース・ブリリアント・ダイヤモンド。神秘的なまでのまばゆい光を放ち続けるその輝き。

ダイヤモンドの街が最上級と選ぶダイヤモンドそれが「フランダースカットダイヤモンド」なのです。

フランダースカットはダイヤモンドを持つ人を選ぶと言われているただ1つの特別なダイヤモンドです。

ファンシーカットダイヤモンドリング
Page Top