結婚指輪を失くした時に取るべき行動 まず…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

結婚指輪を失くした時に取るべき行動 まず探すべき場所

 

 

結婚したお2人の証として身に着けている結婚指輪、2人にとっての大切な宝物です。

しかし、手元に馴染んだ指輪がふとしたときに「無くなってしまった」

という事件が起こることもまれにあります。

気づいた時にはとても焦ってしまってあたまが真っ白になってしまう方もいると思いますが

そんなときこそ慌てず冷静に対処して行きましょう。

今回は、結婚指輪をなくしてしまったときにまずやるべきことをご紹介していきます。

 

〇まずは警察に「遺失物届」を提出〇

公共の施設、公園や図書館やデパート、駅などで結婚指輪を失くしてしまった場合には、

その建物内にある管理室や落とし物や紛失物の窓口にも聞いてみましょう。

結婚指輪だと分かれば、親切な人が届けていてくれることもあります。

 

〇家で結婚指輪を失くしてしまったと思われる場合は最初に水まわりを探す〇

体型の変化などで結婚指輪が緩んで外れやすくなっているとき

手を洗ったりシャワーを浴びたりすると洗剤やシャンプーなどが

潤滑剤の役割をして流れてしまうということはよく起こります。

食器洗いや洗濯など、水を使う仕事は意外と多いもの。

シンクまわりやお風呂場の床はもちろん、排水口までしっかりと確認しましょう。

ただし、水道管まで流れてしまっている可能性もあります。

家の中でなくした可能性が高いという場合には、業者を呼んで探してもらうことも考えてみて下さい。

 

結婚指輪がないということが発覚した直後は

いくら冷静になろうとしたところでどうしても焦ってしまうものです。

失くしたと気づいてから少し冷静を取り戻したら

1番最初に探した場所をもう一度ゆっくりと見てみましょう。

最初に探したということは心当たりがあるはず。

つまり、結婚指輪が見つかる可能性が高いといえます。

 

いくら探してもなくした指輪が出てこないのであれば

 

〇同じ指輪をもう一度買い直すという方法もあります〇

同じ型番のものがまだ販売されているかお店に確認してみましょう。

保証書や納品書が残っている場合は手元に用意しておきます。

また、オーダーメイドで指輪を作った場合は

作成時のデザイン画が残っているかを店舗に確認してみます。

自分たちでデザインしたものであればデザイン画を残している旨を伝えましょう。

そして、もう一度同じものを作ってもらえるように注文しましょう。

ただし、いくら同じ指輪が手に入るからといって、夫婦間で隠し事は良くありません。

あたらしく指輪を購入するとなると相応の金額も動きますし

なにより大切にしていた指輪をなくしてしまったことを黙っているのは相手に失礼にあたります。

しっかりと謝って、お相手に了承を得てから購入するようにしましょう。

 

夫婦で相談してお互いに納得すれば、新しい指輪をペアで購入することも選択肢の1つになります。

なくした指輪の代わりを買うというよりも

結婚○年の記念に結婚指輪をセカンドマリッジとして新調するという気持ちで購入すれば

パートナーも納得してくれるかもしれませんね。

時が経つごとに結婚指輪の流行や、自分の手に似合うデザインも変わっていくもの。

結婚指輪を新調することで、新婚の頃の気持ちを思い出すキッカケにもなって

お互いに新鮮な気持ちを手にすることができます。

 

結婚指輪をなくしてしまう原因としてとくに多いのが

「サイズが合わない指輪をそのまま身に着けていたから」というもの。

サイズ違いの緩い結婚指輪は、指から抜けやすくなったり

変形しやすくなったりしてしまいます。大切な結婚指輪をいつまでも愛用するためにも

普段からメンテナンスをしっかりと行っていきましょう。

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top