婚約指輪(エンゲージリング)お返し 何を…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

婚約指輪(エンゲージリング)お返し 何を贈るの いくらのものを用意すればいいの

 

プロポーズの際に婚約指輪をもらった女性は男性にお返しをするものだということをご存じでしょうか。

一般的に婚約指輪は男性が女性に結婚を申し込む際に大切にするという気持ちを込めて贈るものですが

女性は婚約指輪をもらったままにするのではなく

「ありがとう」という気持ちをこめて、何かお返しの品を贈る必要があります。

それでは、婚約指輪のお返しにはどのようなものを贈ったらよいのでしょうか。

婚約指輪のお返しのマナーをご紹介します。

 

<婚約指輪のお返しは何を贈るものなのか>

婚約指輪のお返しとして最も選ばれているアイテムは、やはり腕時計です。

女性にとって指輪やアクセサリーが大切なもののように、男性にとっては腕時計がとても大切なアイテムです。

男性は普段あまりアクセサリーを身につけないので、普段身につけられるものと考えるとおのずと腕時計となりますよね。

また、仕事で使える鞄やスーツなども人気です。

スーツの場合サイズが合わないと大変なので、一緒に選びに行くか後でお直しをしてもらえるところで購入するといいでしょう。

もし相手が家電が好きだったり、アウトドアが好きだったりするなら、趣味に使えるものをプレゼントするのもいいですね。

婚約指輪のお返しは、決まったかたちはありません。婚約指輪は一生ものですから、同じくらい質の良い、長く使えるものを贈ることをおすすめします。

 

<婚約指輪のお返しの相場はいくら>

婚約指輪のお返しの相場は、「半返し」といって、婚約指輪の半額くらいの品を贈るのが一般的とされています。

年齢によって婚約指輪の値段は変わってくると思いますが、20代なら10~20万円、30代、40代なら30万円ほどの婚約指輪を贈ってくれる男性もいます。

最低でも5万円、できれば10万円程度のものをプレゼントするといいでしょう。

 

<結納をしない代わりに婚約指輪とお返しで結婚の準備を>

昔は、結婚が決まると両家の親族が顔を合わせて結納を行うという習慣がありました。

結納は、男性側が結婚の支度金として結納金を贈り、女性側が結納返しとして婚約記念品を贈っていました。

最近は、結納を行わず婚約指輪を贈るのみで済ませるカップルも増えています。

婚約指輪が結納金の代わりだとすると、やはりお返しを贈るのが普通ですよね。

ただし、結婚に関する儀式は、両家の習慣や地域によってさまざまです。

もし相手のご両親や彼が「婚約指輪のお返しはいらないから、その代わり二人で旅行に行こう」と言ってくれたら、それでもいいのです。

あらかじめ二人で話し合って、よりよい選択をしましょう。

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top