和装で日本の美意識を堪能する結婚式|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Blogスタッフブログ

和装で日本の美意識を堪能する結婚式

 

白無垢を身に纏い神社や仏閣を背景に凛と立つ花嫁姿が美しい、和装の挙式が再び注目を集めています。

挙式スタイルや和装、演出もバリエーション豊富で、二人らしいウエディングを叶えることも可能です。

今回は、和装の挙式について詳しくみていきましょう。

 

《 家族の絆を再認識する和の挙式スタイル 》

和装の挙式には、神社で行う神前式と仏様の前で愛を誓う仏前式、ゲストに囲まれながら行う人前式があります。

 

《 神前式 》

神社で行う神前式ですが、昔は親族のみ参加できる挙式スタイルでしたが、最近は友人も参列できるようです。三献の儀や誓詞奏上など古式ゆかしい儀式を行い、厳かな気持ちで結婚を祝えます。

 

また、神殿まで、親族や友人と行列を作って進む「花嫁行列」や、お神酒をみんなで飲み干す「親族盃の儀」などゲストと一緒に行うイベントがたくさんあるのも特徴です。

親しい人たちと挙式から披露宴までずっと一緒に過ごして、喜びをかわち合いたい方にはお勧めです。

 

《 仏前式 》

お経が唱えられる中、静かな気持ちでご先祖様に結婚の報告を行う仏前式

は、宗派によって様式は異なるので、自分の家や彼の家の宗派によって形式を決めましょう。

 

親族で行う仏前式は、“親しい人たちだけを招き、アットホームな結婚式をしたい”と考えるお2人にお勧めです。

 

《 人前式 》

“日本独自の和装で挙式をしたいけど、堅苦しい儀式は苦手”というお2人にお勧めなのが、和装で行う人前式です。

結婚式に参加してくれたゲストの前で、愛の誓いや指輪交換を行うなど自由なスタイルで進行できるのが魅力です。ゲストと一緒に結婚式を楽しみたいカップルは検討してみてはいかがでしょうか。

 

母や祖母が喜ぶ和装の花嫁姿

日本の民族衣装である和服。

着付けが難しく、重さがあるのがネックでしたが、最近は簡単にお色直しができる和装や、軽い素材のものも多く出ているのだとか。

 

また、昔おばあちゃんやお母さんが着た着物をリメイクして晴れの日の衣裳にするのも、親孝行だと喜ばれるはずですよ。

 

《 主な和装の種類 》

・白無垢

表裏白一色で仕立てられた白無垢。無垢とは汚れのない純真を指す意味合いです。

古くから白は神聖な色として祭典で用いられてきました。

ここに、最近では桜や鶴などの刺繍模様で個性を表現する人も増えています。

綿帽子を合わせた清らかな花嫁姿に両親も思わず涙するはずです。

 

・打掛

色や織り、刺繍の種類が多彩。本来は春秋冬の衣ですが、現在は紗で作られた打掛を夏に着る人も多いようです。華やかな和装といえば打掛ですね。挙式でのヘアメイクは角隠しで昔ながらの定番コーディネートを。

 

・黒引振袖

江戸時代から婚礼に用いられていたとされる黒引振袖。

他の誰にも染まらないという意味合いを持ちます。鶴や松竹梅などの縁起のいい柄が定番です。

 

《 和式の演出 》

和装のお式に合わせて、披露宴も和のテイストで彩りましょう。

和風を意識したテーブル装花やペーパーアイテムを取り入れて、和の品格を添えてみて。

引き出物は和食器、引き菓子も和菓子にすると幅広い年代の方に喜んでもらえるはずです。

 

・鏡開き

ケーキカットの代わりに、お酒の蓋を木槌で割る「鏡開き」を。鏡は円満、開は末広がりを意味します。

みんなで一斉に声を合わせて蓋を割った後は、ゲストにお酒を振舞い酌み交わします。

全員の気持ちが一つになる素敵な演出ですね。

 

・和太鼓の演奏

会場によっては、雅楽や和太鼓の演奏を用意しているところもあるようです。

 

日本人の感性を大切にした和装の結婚式。

最近は時代に合わせた様式や軽く着替えやすい和装もあり、以前よりずっと気軽に楽しめるようになっています。

祖父母から、友人まで幅広い世代に愛される和装ウエディング、選択肢の一つとしていかがでしょうか。

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を
お探しならTRESOR KOBE へ。
TEL:078-333-5032
mail:info@jewelry-tresor.com
◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は
atelier ROEへ。
TEL:078-945-8500
URL:https://atelier-roe.com
ROE 「facebook」
mail:contact@atelier-roe.com

Page Top