エタニティリングとは。|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Blogスタッフブログ

エタニティリングとは。

 

永遠の愛の象徴とされるエタニティリング

エタニティリングとはどんなリングなのでしょうか。

 

同じサイズ、同じカットのダイヤモンドをリングの全周に留めたデザインが特徴です。

途切れることなくダイヤモンドが並んでいることから、「永遠の愛の象徴」とされていて、

エンゲージリングとして選ばれることも増えてきています。

華やかなエタニティリングですが、普段使いもして頂けるようなリングです。

夫婦の愛が永遠であること、お互いがお互いを思う気持ちが

永遠であることを示しているのがエタニティリングなのです。

 

宝石が途切れることなく施されていることからEternity(永遠)ringと呼ばれ、

永遠に変わらない愛を込め男性から女性に結婚記念日の際に贈るジュエリーとして人気でした。

最近では普段使いする事ができるエンゲージリングとして、

またキラキラと華やかですが重ねづけしやすいマリッジリングとしての人気も出てきています。

 

 

エタニティリングにはフルエタニティとハーフエタニティの2種類があります。

この二つにはどんな違いがあるのでしょうか。

 

フルエタニティリングは上で記載した説明の通り、リングの全周に宝石が留めてあるリングをいい、

一般的に言われるエタニティリングは、フルエタニティリングを指すことが多いです。

どの角度から見ても宝石がキラキラと輝いていることがフルエタニティリングの魅力です。

ですが、フルエタニティリングは周りをダイヤモンドなど宝石が一周留まっているのデザインなので、

加工するスペースがありません。

ですので、サイズ直しが出来ません。フルエタニティリングの購入をお考えの方は

年月によって指のサイズは変わるのでそちらも含めご検討下さい。

 

ハーフエタニティは、リングの半周程に宝石が留められています。

手の甲側からリングを見てみると、フルエタニティにも劣らない華やかさがあります。

フルエタニティリングとは違い何かを持ったりする際に横の指などに宝石があたるという事がないため、

毎日、着けやすく日常遣いもして頂きやすいデザインなのではないでしょうか。

そしてハーフエタニティリングはフルエタニティリングとは違い、

手のひら側には宝石が留まっていない為、サイズ直しが可能です。

 

リングのお手入れはエタニティリングに限らず定期的に行うと〇!

ダイヤモンドの輝きがなくなってきたと感じるのは

毎日過ごしている中で皮脂などが付いてしまっているから。

お手入れには柔らかい毛先の歯ブラシを使います。

コップにぬるま湯と中性洗剤を入れ歯ブラシで優しく擦ります。

擦り終わったら水で洗い流して柔らかい布で水分をふき取ってあげましょう。

 

お手入れをするかしないかで輝きが変わってきますので、

購入店にクリーニングをしに行く時間がない時や輝きがなくなってきたと感じた際などは

ぜひお手入れをしてみてはいかがでしょうか!

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top