指輪を生涯身に着けるためのルール作り|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Blogスタッフブログ

指輪を生涯身に着けるためのルール作り

 

結婚指輪は一般的には夫婦の証として常時身に着けるものですが、家事をしているときに汚れが気になる方や仕事中には外さなくてはならない場合もあります。

夫婦が生涯大切に身に着けるものだからこそ、傷や変色などを防いで大切に扱っていきたいものです。

しかし、日頃から頻繁に着け外しをしているとどこに置いたのか忘れてしまうこともあるようです。

大切な結婚指輪を紛失しないためにも、着脱の際のルールをしっかりと決めておきましょう。

 

<置き場所を決めておく>

日常的に指輪を身に着けていても、料理や掃除、洗濯などの家事をするときには外すという方が多いようです。指輪を失くす方の中では意外にも、家の中で紛失するケースが多く、とくに水回りは注意が必要です。

家の中で結婚指輪を着け外しするときには、必ず決めた場所に置く習慣をつけておくことが大切です。

キッチンではこの場所に置く、洗面所ではここに置いておくというようにルールを作り、「どこに置いたか忘れてしまった」「排水溝に流れてしまった」というような事態を防ぎましょう。

 

<アクセサリーケースを持ち歩く>

外出先で結婚指輪を着け外しする機会がある方には、アクセサリーケースを持ち歩くという方法をおすすめします。外すたびにケースの中に大切に保管しておくことで、傷や変形などを防ぐことができるので、紛失の心配を減らすことが出来ますし、美しさを保つことも出来ます。

また、バッグをなるべくコンパクトにしたいという際には、ケースをポーチに変えるという方法もあります。持ち運び用に作られたアクセサリー専用のポーチが市販されています。

コンパクトである上に、大切な結婚指輪をしっかりと保管することができます。

男性の使いやすいデザインのポーチもありますので、お互いに色違いのポーチを選べば、指輪を身に着けていない間も絆を感じることが出来ますね。

 

<ネックレスとして首にかけておく>

結婚指輪を紛失する場面として多いのが、指から外した際に上着やズボンのポケットに入れ

かがんだ拍子に落としたり、ハンカチやお財布などを一緒にポケットに入れていたときに中の物を取り出すタイミングで指輪が落ちてしまったりするパターンです。

このような紛失を防ぐためには、指輪を衣服に入れておくのではなくリング用のペンダントトップに通してネックレスとして身に着けておくのがおすすめです。

チェーンに通し首にかけておけば、常に指輪の存在を感じることが出来ます。

最近では指輪を通す専用のネックレスチェーンも販売されているので活用してみましょう。

 

 

この他に、“お手洗いで手を洗う際に外して置き忘れた”“ポケットやバッグの中に入れておいたはずなのに見当たらない”というように、大切な結婚指輪を失くしてしまう人は意外にも多くいます。

外出先でも家の中でも、小さな結婚指輪は一度無くしてしまうと見つけ出すのに一苦労です。

夫婦の愛や絆が込められた結婚指輪を生涯身に着けるためにも、管理をしっかりと行っていきましょう。

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top