結婚式ムービー どうやって作るのか?|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

電話 ご来店予約

Blogスタッフブログ

結婚式ムービー どうやって作るのか?

【結婚式で流すムービーを自作で】

披露宴で欠かせない演出が結婚式ムービーですね。一生に一度の思い出にと、プロに作ってもらうのも一案ですが、手作りで心のこもった映像をという考えのカップルの方が多くなってきています。

最近は映像ソフトやアプリで比較的簡単に動画が編集できますし、機能も進化しています。

何より披露宴の費用が抑えられるのが魅力です。

今回は結婚式ムービーのいろはをご紹介していきます。

 

【どのような映像を用意するべきか、かかる費用はどのくらいか】

まずは費用からご説明します。映像演出の総額で最も多かったのは2万円代です。

その次に多い価格になると、なんと25万円以上、一気に価格帯があがります。

全体の割合で見れば映像作成費用を抑えるカップルが多いですが、費用をかけるカップルも一定数存在します。

 

映像演出の制作はそれぞれ、手作り、会場の提携事業者、映像制作会社、友人や知人からのプレゼント、自分たちで作るアイテムと、プロに頼むアイテムを両立させているカップルも多いようです。

自分たちで作れそうなもの(席次表など、フォトアイテムなど)は自分たちで愛情を込めて手がけ、“これだけは“という大事なものだけはプロに頼む、という風にするのもよさそうですね。

 

また、どんな内容の映像を用意するパターンが多いのかというと、“プロフィール紹介、生い立ち、二人の出会いについて”が多数です。

それに続くのが“出席者の名前や感謝メッセージ、最後に挙式や披露宴、披露パーティの様子を流す”となっています。そのほか“両親への感謝を伝えるムービー”や“パートナーに内緒で作ったサプライズムービー”を作るカップルの方もいるようです。

映像を通じて伝えたい想いを込められると、感動を呼ぶムービーが出来上がります。

 

なお、結婚式の中で映像を使う回数はだいたいが2回程となります。

一度の式のなかで2本の映像を準備するのが一般的となっています。

 

最近ではスライドショーではなくフォトフレームやとショートムービーが人気で、ほとんどのカップルさんがこの形式でムービーをつくられています。

 

写真を組み合わせてみたり、エフェクトをかけたりと、写真を表示するだけではなくコメントを一緒に載せたり工夫を凝らしたものが増えました。

また、写真の紹介だけに留まらず動画の演出やアニメーション映像を加えた全体にストーリーがあるムービーが好まれています。

 

SNSが普及している中でパソコン購入時から入っているような映像編集ソフトで出来る簡単なスライドショーでは物足りず、友人の結婚式で見たようなプロフィールムービーが作りたいなどという想いの方々が増えてきています。

 

また、コンセプトウェディングなど、結婚式全体を自分の好きなテイストでまとめるという考え方も増えており、ウェディングムービーでも写真以外の要素で、個性、ふたりらしさ、を演出したいという要望が高まっています。

 

また、雑貨やインテリアの流行もプロフィールムービーに影響していることを感じます。

 

シンプルさの中に洗練された印象を出すなど、映像技術やデザイン性を重要視しているように思われます。

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top