海外ウエディングのメリットデメリット|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

海外ウエディングのメリットデメリット

今回は海外ウエディングのメリット、デメリットをご紹介していきます。

【メリット】

<新婚旅行や親孝行も兼ねて結婚式をできる>

海外ウェディングを選択するカップルが最も理由に挙げているのが

「新婚旅行に行ってみたかった場所で挙式をしたい」ということです。

しかも行き先は海外という遠方のため、同行するゲストはふたりを心から祝福してくれる友人や親戚など本当に親しい間柄のみに限られます、そんなアットホームな雰囲気の中で気がねなく挙式を楽しめますね。

特に両家の父母を伴う海外ウェディングは「生まれて初めての親を海外に連れていける」と好評のようです。

 

<国内挙式と比較しても意外とリーズナブル>

海外に足を運ぶのですから、「かなりの費用がかさむ」と思っている方は多いと思います。

もちろん渡航費や宿泊費を考えたらそれなりの予算は必要ですが

教会での「挙式」のでいえば、国内よりも海外の方が経済的です。

だいたいの国内挙式の平均費用は約130万円前後であるのに対し

主にハワイやグアムなど人気の高いリゾートでは約80~100万円前後が標準です。

これならば、披露宴をカジュアルなパーティ形式にすることで全体の予算も抑えられます。

さらに、国や時期によっては渡航費や滞在費まで込みでうんと安くなる場合もありますので見逃せません。

挙式予定日の1年前までであれば、そうしたお得な海外ウェディングがざくざく見つけられるので

計画はぜひ早めに立てるようにしましょう。

 

<これを逃したら出会えない美しい光景や思い出を手に入れられる>

海外挙式最大の魅力は、やはり国内では味わえない景色や感動に出会えることです。

海を背景にしたロマンチックな教会、まばゆい太陽、日本では見ることのできない空の色。

そんな夢見るように美しい光景を結婚式の舞台に選べば、生涯忘れることのできない思い出ができるはずです。

 

【デメリット】

<挙式場や滞在するホテルの下見ができないので少し不安>

「チャペルが写真よりも古くて小さい」「ホテルから式場まで遠すぎて、不便」などと現地についてからでガッカリした、などという意見もあります。

プロデュース会社と納得のいくまで相談を重ね、後悔のない海外ウェディングを計画しましょう。

 

<気の合う仲間や親族との旅行は楽しいけれど、「お世話係」でひと苦労>

本当に親しい人たちと気がねなく過ごせるのはメリットですが、両家やそれぞれの親や友人というゲストにとっては、お互いがほんの顔見知り程度、あるいはほぼ初対面という場合がほとんどとなります。

そうなると、一番気を使ってしまうのは新郎新婦になってしまいます。

祝福してくれる皆が仲良くできるようにと、全日程を友人や両親に同行しなくてはならず二人の時間が全くないなんてことになりかねません。

これを防ぐためには、滞在中に各自が自由に過ごせるようスケジュールを事前にしっかりと確保しておくことです。

 

<現地スタッフとの交流がうまくいかないケースも>

海外ウェディングのプロデュースは日本に籍を置く会社が行っています。

現地では日本人スタッフもしくは日本語の流暢な外国人スタッフが行うものです。

しかし、まれに外国人スタッフの人との習慣や言葉の行き違いなどで

コミュニケーションがうまく取れあない、ということもるようです。

こちらも事前に確認が必要ですね!

 

海外での挙式で素敵な思い出を作るためにもしっかりとした事前準備が大切になります。

しっかりと計画して、本人にとってもゲストにとっても一生忘れられない挙式にしたいですね!

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top