3段が定番、その意味は?|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

3段が定番、その意味は?

 

結婚式には欠かせないのはウェディングケーキですよね!

そんなウェディングケーキの定番といえばとても大きな3段のケーキ!!

結婚式によって様々なデコレーションが施され新郎新婦の好みを詰め込んだものやお花などでデコレーションのものだったりゲストもどんなケーキが登場するのかわくわくしているのではないでしょうか。

 

定番の3段のウェディングケーキには理由があることはご存知でしょうか!

ウェディングケーキが最初に登場したのは18世紀だといわれており、イギリスのヴィクトリア女王の結婚式での3段のウェディングケーキが始まりなんだそうです。

18世紀のイギリスではケーキは「幸せ」を象徴する食べ物とされており、ケーキみんなで食べることで幸せを分け合うという意味を込められていたんだそうです。

 

そして3段のウェディングケーキには1段1段に意味があったんです、それぞれの段に意味を持たせるとはお洒落ですね!

まず1段目は当日披露宴に参列してくださったゲストへ。

2段目は様々な理由で参列できなかった方々に配るため。

3段目は1年後の結婚記念日に2人で食べるため。

といわれています。

 

1段目・2段目の理由は分かったけど3段目。1年後に食べるの?と思った方も多いのではないでしょうか。当時のイギリスでのウェディングケーキは[シュガーケーキ]というもので現在では、

生クリームやフレッシュな食材を使用したケーキが主流となっていますが、

シュガーケーキは砂糖、ゼラチン、水飴を使用し作られシュガーペーストをフルーツケーキに

かぶせて作られるもので、このシュガーケーキは、

湿度など保存方法に気をつければ100年くらいは保存が可能と言われているのだそうです。

 

 

ウェディングケーキのデザインでもパーティの雰囲気も変わりウェディングケーキを写真に

撮るゲストもいるくらい、目に留まるもの!そんなウェディングケーキだからこそ季節感や遊び心、

何かコンセプトを決め自分たちらしさを表現し参列してくれたゲストやあなたたちにとっても

1番記憶に思い出に残るウェディングケーキを用意してみるのも素敵なのではないでしょうか!

 

 


 

 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

 

Page Top