プラチナ Pt1000 Pt950 Pt…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

プラチナ Pt1000 Pt950 Pt900 指輪に最適なのはどの素材?

 

結婚指輪や婚約指輪などに使わる代表的な素材、プラチナ。

 

プラチナについて調べ始めると、<Pt900><Pt950><Pt1000>といった純度があり

購入される場合は迷われる方も多いと思います。

「プラチナの素材選びに悩んでいる」方のために

プラチナの種類と純度の違い、お勧めの指輪の選び方についてご説明していきます。

 

<Pt>の後の数字は、プラチナの純度を表しています。つまり

<Pt1000>はプラチナ100%という意味です。

(ただし、実際には純度100%のプラチナは存在せず、99.95%が限界。)

 

ジュエリーの世界ではPt1000・Pt950・Pt900・Pt850がプラチナの商品としてあつかわれています。

その中で、結婚指輪や婚約指輪の素材として使わることが多いのが<Pt900><Pt950>の2種類です。

 

【なぜ<Pt900><Pt950>が結婚指輪や婚約指輪に選ばれるのか】

 

せっかく結婚指輪や婚約指輪を買うのであれば、純度が高い方が高価でいい素材なのかと思われるかもしれませんが、<Pt1000>を使うことはほとんどありません。

 

主な理由は2つです。

プラチナ<Pt1000>は強度が弱い

プラチナ<Pt1000>は色が濃く暗い色合い

 

プラチナは柔らかく粘りがあるという特性から、加工してジュエリーとして使われるようになりました。

ただ、プラチナの純度が高い<Pt1000>だと強度が弱いため、結婚指輪や婚約指輪には向きません。

このため、他の金属を混ぜて強度を強くした<Pt900>や<Pt950>が主に使われています。

 

また、プラチナ<Pt1000>は黒みがかった白色をしています。

多くの方がイメージされるような結婚指輪や婚約指輪にするためには

色を改善する必要があり、パラジウムのような白い金属を混ぜた<Pt900>や<Pt950>が選ばれるのです。

 

結婚指輪、婚約指輪を購入する際のPt900・Pt950の選び方

結論から先にお伝えするとプラチナ<Pt900>も<Pt950>も優劣はありません。

 

Pt900は加工がしやすいことから日本国内の指輪によく用いられています。Pt900のメリットは軽さ。

 

幅が太く重い指輪の場合、Pt900の方が軽くなるので使いやすさがあります。

 

「高級ブランドが採用している素材の方がいいのかな」と思われがちですが

外国には「プラチナのジュエリーはPt950以上にしてください」という法律があるため、Pt950が使用されているのです。

 

これは海外ではジュエリーはイエローゴールドが主流でプラチナを使うことがあまりないからです。

諸説ありますが、プラチナを使うことが少ないので、「プラチナはPt950にまとめよう」という考えのようです。

 

【プラチナ<Pt900><Pt950>の重さについて】

指輪の重さはプラチナ<Pt950>方が<Pt900>より重くなります。

このため、価格面ではプラチナ<Pt950>の指輪の方が<Pt900>を使ったものと比較して割高です。

 

弊社では、プラチナ<Pt900><Pt950>のどちらの素材を使っても品質に大差はないと考えています。

 

ちなみに、紛失してしまったり、キズが付いてしまったりする可能性があるので基本的にはおすすめではありませんが<Pt900><Pt950>であればどちらも温泉で変色を起こすことはありません

。どの素材でも丁寧に結婚指輪、婚約指輪を製作いたしますのでご安心ください。

 

【日本の職人は<Pt900>の指輪が好き】

 

戦後の長い間、日本の職人は結婚指輪にプラチナ<Pt900>を多く使ってきました。

 

なぜ日本の職人はプラチナ<Pt900>を結婚指輪に使うのでしょうか。

答えはとてもシンプルで「作業が楽で、集中して仕事ができるから」です。

 

昔は今のような便利な機械はありませんでした。なおかつ、好景気で注文が多い時代です。

作業の効率をなるべく高くする必要がありました。

 

ジュエリーに使われる金属の中で、<Pt900パラジウム10%>は一番トラブルが少なく

加工がしやすいといいます。

 

職人にとって作業が楽ということは、とても大事なことです。

作業が楽な方が、集中して仕事が出来ます。

つまり、細かい作業で繊細なデティールにも対応することが可能になります。

ジュエリーの製作に関わる人ならば、多くの人が同じ考えを持っていると思います。

 

人気の細くて薄い指輪に強度をつけるには、ハードプラチナが最適

現在は、細くて薄い結婚指輪が主流です。こういった指輪は強度が弱いため加工してハードプラチナにします。

 


 

◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

 

Page Top