エンゲージリングとマリッジリングの違い|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

エンゲージリングとマリッジリングの違い

 

・エンゲージリングとマリッジリングの違い。

結婚の際に用意するエンゲージリングとマリッジリング。

「指輪を2つも用意するのはなぜ?」と、不思議に思っている人も当然いるはず。

では、エンゲージリングとマリッジリングの違いをご紹介致します!!

 

 

《婚約の時に証として男性から女性に贈られるエンゲージリング》

 

エンゲージリングは婚約の証しとして、男性から女性へ贈られる指輪。

結婚の際に指輪を贈るという習慣は古代ローマ時代から始まったといわれますが、日本で広まり贈られる様になったのは戦後のこと。エンゲージリングにはダイヤモンドを選ぶのが定番となっています。これは、ダイヤモンドが地球上に存在する天然のもので最も固い物質のため、揺るぎない永遠の愛を誓うのに最適だと考えられた為です。また、きらきら輝き美しく、高価なものである事も、エンゲージリングにふさわしいとされました。

ですが、エンゲージリングには必ずダイヤモンドを…という決まりがあるわけではなく、指輪を贈る女性の誕生石や好きな宝石を使用しても問題ありません。エンゲージリングは婚約の証しとなるもの。

プロポーズから結婚までの間に贈るのがいいでしょう。プロポーズ後に一緒に探しに行くのが一般的ですが、プロポーズの際に男性が内緒で用意して、女性を喜ばせるというケースもあります。また、プロポーズの際男性が選んだダイヤモンドを女性に渡し指輪の枠を2人で選びに来るというケースもあります。

 

《結婚の記念にふたりで交換するマリッジリング》

 

マリッジリングは結婚の記念にふたりで用意する指輪。エンゲージリングが女性だけのもの、マリッジリングは2人がそれぞれ1つ持ちます。エンゲージリングは男性が購入しますが、マリッジリングは男女で贈り合うケースも多いです。

マリッジリングは基本的に毎日身に着けるので、ずっと身に着けていても違和感のない、比較的シンプルなデザインを選ぶ人が多いようです。また、着け心地にこだわる人も少なくありません。デザインは男女ペアのものでも、全く違うものでも、どちらでもOK。

エンゲージリング、マリッジリング共にリングの内側に刻印を入れられます。エンゲージリングは「男性のイニシャルto 女性のイニシャル」などシンプルな刻印が多いですが、マリッジリングの刻印は凝る人もいます。2人の好きな言葉やマークを入れるなど個性的な刻印を入れるのも、マリッジリングの楽しみといえるでしょう。

2人にしか分からない刻印を入れてみてはいかがですか?

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top