ダイヤモンドの4C重視するべきなのは?|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

ダイヤモンドの4C重視するべきなのは?

 

ダイヤモンドを購入する時、大きさの基準が分からず困ってしまう男性の方は多いですよね。

婚約指輪(エンゲージリング)は彼女様に渡す一番大切な買い物の一つです。

できるだけ大きさも輝きも重視したダイヤモンドを選びたいと考えるはず。

そこで、ダイヤモンドが美しく見える「輝きの条件」を詳しく説明していきます。

婚約指輪やダイヤモンドのアクセサリーをこれから購入する予定の方は参考にしてみて下さい。

 

人に個性があるように、一つとして同じダイヤモンドはありません。

それを表しているのが、ダイヤモンドの「4C」と呼ばれるものです。

『Cut』カット(形やバランス)、『Carat』カラット(重さ)、カラー『Color』(色)、『Clarity』クラリティ(透明度)の頭文字をとって4Cとなります。

この4Cはダイヤモンドを評価する世界基準であり、評価が高いものほど、価値や値段も高くなります。

ダイヤモンドを購入する時は、まずこの4Cを基準にして検討するのが一般的です。

 

4Cのうちのカラットは正確にはダイヤモンドの”重さ”を表していますが、一般的には”大きさ”として捉えられています。

つまりカラット数が上がるほど、目に見えるサイズも大きくなるということです。

大きさに比例して高くなるのが価格です。

特別なアクセサリー、特に婚約指輪なら大きさも重視したいところ。

そこで気になるのが”ダイヤモンドは大きいほど輝くのか”と言うことですよね。

単純に考えると、ダイヤモンドは大きいほど取りこむ光の量が増えます。

つまり大きいほどダイヤモンドの輝きが増すというのは、ある意味では正しいと言えます。

 

今まで説明した内容から”ダイヤモンドはやっぱり大きいほうがいいのか”と思われた方も多いかもしれませんが

いくら大きくても他のグレードが低いものだと輝きは落ちてしまいます。

ダイヤモンドは表面や取り込んだ光を内部で屈折させて輝かせているため

形やバランスを表現するカットが重要になります。

特にダイヤモンドを専用のスコープで見た際、裏面にハート表面に矢の模様が浮かびあがる「ハート&キューピッド(H&C)」は

優れたカットが施されたダイヤモンドにのみ確認できるものです。

高品質なカットであるほど取り込んだ光を効率よく反射するため、輝きが増すのです。

またインクルージョンと呼ばれる内包物があると光を遮断し輝きを鈍くするので、透明度を表すクラリティも重要です。

だからと言ってすべてのグレードが高いものを選ぼうとすると、どうしても金額が上がってしまいます。

何に重きを置くかを考えて指輪を選ぶことが重要です。

大きさを重視したいならカラットを、小さくても輝きを重視したいならカットやクラリティのグレードをチェックしましょう。

 

ダイヤモンドの4Cについてご説明してきましたが、最後はやはり直接商品を見て判断する事が大切です。

現在ではダイヤモンドもインターネットで購入できるところもあるようですが

同じ品質のダイヤモンドでも先ほどお伝えしたように、同じ特徴の石は一つとしてありませんので、内包物の位置や大きさなどは異なります。

購入した後で後悔しては意味がありません。

 

いくらグレードが高くでも、購入者や贈る相手の好みに合わなければこれも意味がありません。

ダイヤモンドを直接確認し、実際に婚約指輪をはめた彼女様をイメージし、お好みや使い方を考えてから選びましょう。

「ダイヤモンドは永遠の輝き」という言葉があるように、傷や汚れがつかない限り、輝きが変わるようなことはありません。

気に入ったものを選ぶことができれば、一生大切にできる宝物となるはずです。

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:info@jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top