結婚指輪の支払いはどちらがするもの? 男…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

結婚指輪の支払いはどちらがするもの? 男性がする?それとも女性?

結婚指輪の支払いはどちらがするもの? 男性がする?それとも女性?

いざ結婚指輪を用意しようと考えた時に気になるのが支払いについてですよね。

支払いの分担については、お店に行く前にあらかじめ2人で話し合って決めておきたいところ。

では、一般的に先輩カップルはどのように支払いを分担しているのかご紹介します。

 

<男性が支払う4割>

4割強の男性が指輪の支払いを行っているのは、意思表明と言えるのではないでしょうか。

「お嫁さんに迎える気持ち」「大切にすると伝えたい」という思いからのようです。

はたまた「指輪はやっぱり彼から贈られたい」といった女性の願いから男性が支払っている場合もあるようです。

 

<お互いに指輪を贈り合う 約3割>

近年は多くの女性が社会進出しており、対等な関係性を望むカップルも増えています。

ロマンチックな雰囲気は保ちつつ、平等に支払いを分担したいという場合は

”お互いに贈り合う”のもお勧め。大好きな相手を想って選んだ指輪を贈り、贈られるというのは最高に幸せな瞬間です。

両者がお金を出す場合、ぴったり半分ずつの分担というカップルもいれば、お互いの収入などによって負担割合を調整するカップルもいます。

中には、婚約指輪を贈られた女性が“結納返し”として、結婚指輪をプレゼントする、カップルもいるようです。

結婚に関する出費はお互いの家族も気にする部分。一方だけの負担が大きくならないような心がけはしておきたいものですね。

 

<共有のお財布から 約3割>

入籍前から2人の共通財布を作り、そこから支払うという方法もあります。

いくらの指輪にしようかと2人で話し合って決めることは、これからの生活の準備という意味でも、いい実践の機会になるでしょう。

 

<そもそもマリッジリングの相場はいくらなのか>

マリッジリングの購入相場価格は年々増加傾向にあります。

その理由はいくつかありますが、主な要因は、近年の貴金属価格の高騰です。

また最近では、男性のマリッジリングへの意識が高まり、購入金額の相場が上がっているというデータもあります。

一般的に男性リング女性リング合わせて20万円前後で購入されているようですが

毎日身に着けるマリッジリングですので相場はあまり気にせず、お2人が気に入ったものを選んで頂くのが一番です。

プラチナや金の場合は相場に価格変動があるため、同じ指輪でも年によって価格が数万円単位で変わることがあります。

 

事前にホームページなどで、価格やデザインを下調べしておくのも大切です、

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top