結婚指輪 一般的には 皆着けている?|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

結婚指輪 一般的には 皆着けている?

 

結婚の準備で最初に思い浮かぶのが指輪と言う方も多いのではないでしょうか。

結婚指輪はふたりの結婚を周囲に示す重要なアイテムです。

しかし現実には、結婚指輪をしていない既婚者も少ないながら増えてきているのが事実。

先輩カップルたちは、結婚指輪をつけている?つけていない?

気になる実態をご紹介します。

 

〇先輩カップルの実情

Q.結婚指輪購入の有無

約9割の先輩カップルが、結婚指輪を購入しています。

結婚指輪は「購入する」方が一般的だと言えそうです。

 

今回クローズアップしたいのは結婚指輪を購入したと答えた方々が購入した結婚指輪を着用しているかどうかです。

 

<男性の方>

「つけていない」……60%

「毎日つけている」……30%

「気が向いたときにつけている」……5%

「休日やお出かけのときだけつけている」……2%

「その他」……2.2%

 

<女性の方>
「毎日つけている」……42%

「つけていない」……36%

「気が向いたときにつけている」……10%

「休日やお出かけのときだけつけている」……9%

「その他」……1%

 

女性は毎日つけているひとが多いのに対して

男性はつけていない人が毎日つけている人の2倍という、衝撃の結果となりました。

せっかく購入したのに、6割の男性が身につけていないようです。

こうした状況に対して、既婚女性たちはどのように思っているのでしょうか。

 

〇この結果に対して女性の意見はどうでしょうか

・仕事中はつけれないらしいから仕方ない。つけたり、はずしたりしてると無くなる恐れがあるから

・特になにも。セレモニーの小道具の一つだから

 

理解を示す意見もありますが、一方で少し寂しい気持ちを持った女性の方もいるようです。

 

・買った以上はつけるべきかな。仕事で外すにしてもそれ以外はつけて欲しい

・初めは嫌だったが、アクセサリーに慣れていない男性なので、今は諦めている

 

〇それでは男性の方が指輪を「つけない」理由はどのようなものでしょうか

・以前はつけていたが、転職後、仕事のときにジャマになるから

・手仕事でボロボロになってしまうから

・サイズが合わなくなったから

・紛失した

・基本的に身につけるアクセサリーが嫌い。

・金属アレルギーの為

 

着けていないと回答した人は年齢を重ねることで、サイズが合わなくなったり

金属アレルギーになってしまったりと、物理的に着けられなくなったという意見が目立ちました。

また、結婚当初とは手指やファッションも変わり、指輪を着けることが恥ずかしいと感じるようになったケースもあるようです。

 

これから結婚指輪を購入するという人は、これら先輩たちの実情を教訓に、長く着けられるデザインや素材

アフターフォローなどを重視して選ぶのもいいかもしれません。

 

〇では、もしも女性に「指輪をつけて欲しい」と言われたら男性はどうするのでしょうか

「つける」……42%

「つけない」……54%

「その他」……3%

約4割の男性は妻の求めに応じる気持ちを見せています。

結婚記念日などをきっかけに、一度お願いしてみるのもいいかもしれませんね。


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top