結婚式に誰を招待するか ゲスト選びのポイ…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

結婚式に誰を招待するか ゲスト選びのポイント

 

結婚式に誰を招待するか、結婚式を挙げられる方は必ず考える問題ですよね。

「誰を招待しよう?」「どうやって決めたら良いか分からない」と悩んでいる方は今回の記事を参考にしてみて下さい。

 

まず、全体の人数を考えなければいけません。

新郎側と新婦側で人数調整も必要です。

この段階で呼びたいゲストが多すぎる、または少なすぎるという悩みを持つ方も多いでしょう。

そんな時は次のような点を考えてみて下さい。

 

 

<結婚式のコンセプトを考える>

招待客を決めるときにまず悩むのが「どの範囲までの招待客を呼ぶのか」です。

2次会も行う人は特にこの点は悩むのではないでしょうか。

この問題は基準を作ればほとんど解決します。

それは「結婚式のコンセプトを考える」ということです。

 

友人がメインのカジュアルな結婚式にするのか、

またはこれからもお世話になる会社関係の方々がメインのクラシカルな結婚式にするのか、

今までお世話になってきた親族に感謝を伝えるアットホームな結婚式にするのか、

など2人が持つ結婚式のイメージによって変わってきます。

 

2人でよく話し合い、どんな結婚式にしたいのか決めていきましょう。

そのコンセプトによって呼びたい招待客の範囲は変わってくると思います。

 

必ずしも新郎と新婦の招待客の層が同じにはならないので、メインコンセプトとサブコンセプトを持ち合わせておくと良いでしょう。

全体のイメージを基準にしておけば、招待客が絞り込めないという事態にはなりません。

また、後になって「この人も呼べば良かった」ということも少なくなります。

 

<人数調整>

これは新郎と新婦の招待客のバランス調整です。

基本的には均一の方が良いとされていますが、それはカップルによって様々です。

新郎や新婦の仕事の都合上、偏りが出てしまうこともあります。

 

今は人数の偏りを気にする人も少なくなってきていますが、あまりにも偏りがある場合は両親に相談しておきましょう。

問題がなければ、そこまで気にする必要はありません。

 

また結婚式の招待客で外せないのが親族ですよね。

日ごろ交流がある人は、どの範囲まで呼ぶのか悩むと思います。

基本的に親族は3等親まで招待することが一般的となっています。

しかし、お世話になっている方や、どうしても呼びたい方がいる場合もありますよね。

その場合は特別呼んでも問題ありませんが、両親に相談してから招待しましょう。

また、親族の席次も頭に入れて招待しておくと後で席が足りない、というトラブルや配置に困ることもないでしょう。

 

<グループ化する>

ここまでのポイント2つで大まかなゲストが決まってくると思います。しかし、まだ決められない方も大丈夫です。

 

大体の招待客が決まったら次に「グループ化」してみましょう。

招待客のリストを作る際に分かりやすく分類しておくと、席次表を作るときにも大変便利です。そしてグループ化することによって、人数が足りない、もしくは多すぎるという問題点が客観視できます。最後までゲストの人数調整をするのに非常に役立つので、グループ化はぜひしてみて下さいね。

・仕事関係

・友人

・恩師

・親族

・家族

のようにグループ化していきます。

 

ゲスト人数が多い場合はさらに細かく「中学時代友人」「大学時代友人」というように分類していきましょう。

この分類付けは席次表のときにプランナーにもお願いされることなので、この段階でしておくと後が楽になります。

 

<微調整する>

グループ化したところで、実際のテーブルにそれぞれ何人座ることになるか考えておきましょう。

席次については後日考えることになるため、細かく決める必要性はありませんが、

グループ全員が同じテーブルに座れるのか、誰か一人になってしまわないかなどをチェックしましょう

。意外と「このグループだけ席が狭そう」「この人話す相手がいないかもしれない」という発見に繋がります。

後になればなるほど調整が難しくなっていくので、早めの段階で解決しておくとゲストの方も不快な思いをせず、快適に過ごすことができます。

(これはテーブルごとに座ることの出来る人数を事前に確認しておくことが必要になります。)

※グループは3人以上にしよう

悩んで決めたゲストは必ずしも全員出席できるか分かりません。

様々な理由で欠席になってしまう場合もありますし、当日急に来られなくなってしまう場合もあります。

その場合、1つのグループが2人だと一方が結婚式で寂しい思いをしてしまいます。

キャンセルも起こり得るということを頭に入れて、3人以上のグループを作るようにしておきましょう。

 

・おわりに

何も考えずに決めてしまうと、席次表を作るときに困ってしまい、もう全員に声をかけた後で変更ができない。

なんていうことも起こりかねません。

新郎新婦の方もゲストの方も、お互いに過ごしやすい良い結婚式にするために招待客を決める際は

よく考えて話し合って進めていきましょう。この記事が皆様の招待客を決める際の参考になれば幸いです。

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top