結婚10周年 ”スイートテン”とは|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

結婚10周年 ”スイートテン”とは

 

結婚してから10年目は「アルミ婚式」や「錫(すず)婚式」と呼ばれています。

 

結婚10年目は節目の年でもあり、世間一般的に大切な記念日という認識を持たれています。

 

そんな結婚10年目の記念すべき日にはどのような意味があり

どのようなプレゼントが適しているのかをご紹介します。

 

”結婚10年目”の持つ意味とは

結婚10年目は「アルミ婚式」や「錫(すず)婚式」という名前がついています。

錫はアルミニウムのことで、金属としては比較的柔らかく壊れにくく、大切に使用していると味がでてきます。

そのことから結婚10年が経過してからも夫婦の関係性が変わらないようにという思いが込められています。

錫のような柔らかさと美しさを持ち続け、ずっと一緒にいられるようにという意味もあります。

 

”錫婚式に贈り物を”

せっかくの結婚記念日ですから、その周年にちなんだ贈り物をしたいと考えている人もいるでしょう。

結婚10年目は錫婚式・アルミ婚式ですから、錫製の食器が定番の贈り物です。

錫製のコップは熱伝導率が高く、飲み物の冷たさとコップの冷たさがお互いに冷やしあうことで

飲み口が非常に柔らかくなると言われています。

飲み物の温度を一定に保つこともできるので、最後までおいしく飲むことができます。

大切に使い続けることで味のある表面になっていくことも特徴です。

また、錫を広く「金属」とらえて、貴金属を使ったアクセサリーを贈る人も多いようです。

 

”10周年に贈るアクセサリー”

錫婚式に合わせて10周年の記念日にダイヤモンドを贈るのは錫婚式の風習として親しまれています。以前は10個ダイヤモンドが配されたリングや1.0カラットのダイヤモンドなどが「スイートテン」と呼ばれて人気でしたが、現在はダイヤモンドをあしらったネックレスやダイヤモンドの数に関係なく「エタニティリング」を渡す方が多いようです。

エタニティリングは結婚指輪との重ね付けもしやすく、

結婚した当時の心境を思い出し10年間の出来事を思浮かべながら

新たな気持ちでこれからの結婚生活を送ろうというメッセージにもなります。

 

結婚10周年のプレゼントは女性にとって憧れのものなのです。

アニバーサリープレゼントは、もちろんサプライズもいいですが二人が納得し、

奥さんが本当に気に入ったものを選んであげたほうがいいかもしれません。

ダイヤは決して安いものではありませんが、せっかくの記念日です。

盛大にお祝いするのがおすすめです。


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top