結婚にかかる費用について|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Tel 078-333-5032

Blogスタッフブログ

結婚にかかる費用について

 

結婚までにいくら貯蓄していたらいいのか、気になっている方が多いでしょう。

 

まずは、結婚までに皆さんはいくらい貯蓄していたかを見てみましょう。

結婚費用のための貯蓄平均額はふたりで309万円というデータがあります 。

 

<その中でプロポーズに必要なお金は>

結婚に必要な費用をひとつづつ見ていきましょう。

まずはプロポーズ。「結婚してください」と申し込むだけなら費用はいりませんね。

ですが、プロポーズ当日に用意しなくても、プロポーズに付随して

婚約指輪は贈ることになるはずなので、その費用が平均35万円となっています。

また、プロポーズの際に少し格式の高いレストランで食事をしたり、ケーキや花束などを用意したりすると

そのための費用が1万〜5万円ほどは必要となります。

 

<結婚式にかかるお金は…>

プロポーズの次に考えるのは結婚式の事ですよね。 結婚式(挙式と披露宴)の費用の平均は359万円

ちなみに、披露宴の招待客数の平均は71人で、1人当たりにかかる平均金額が6万円となっている。

結婚式では一人のゲストに対して料理や引出物、ペーパーアイテムなどの費用がかかり、人数が多くなれば結婚式の費用もそれだけ大きくなる。

結婚式費用の内訳はおおよそゲスト一人一人にかかってくる費用と新郎新婦にかかってくる費用

全体にかかってくる費用に分けられる。

新郎新婦にかかる費用としては衣裳やヘアメイク、ブーケ、花嫁エステ、写真・映像など、

全体にかかってくる費用としては会場装花やウエルカムアイテム、演出、サービス料などがあります。

費用の中で大きな割合を占めるのはやはり料理と飲物です。1名当たりの平均は1万円。

また、衣裳にもこだわると費用がかさみます。

平均は新婦衣裳が47万円、新郎衣裳が16万円。

 

<顔合わせや結婚指輪の費用>

結婚式以外にお金がかかることといえば、両家の顔合わせの費用平均14万円

結納の場合と婚約食事会の場合があり、結納では結納品などを用意しなくてはならないので、婚約食事会よりは費用がややかさむ傾向にある。

また、結婚に際しては 結婚指輪も用意する必要があり、費用は平均24万円(ふたり分となっている。

 

<新婚旅行の費用>

結婚の記念として、新婚旅行に出かける場合、旅行先や日数などにより費用には幅がありますが、

平均額は61万円となっています。

ちなみに、人気の旅行先はハワイやヨーロッパなどで、旅行日数の平均は6日です。

 

<新生活準備に必要な費用>

新生活を始めるにあたっては新居を準備し、インテリアや家具、家電などを揃える必要もある。

住居を除く 新生活の準備費用の平均は72です。インテリアや家具が40万円、家電が37万円となっています。

なお、新居の費用に関しては、賃貸物件に入居する場合の敷金と礼金が平均18万円、引っ越し費用が平均6万円となっています。

ちなみに、新居の賃貸料はエリアや部屋数、築年数などによって異なります。

1カ月の賃料は2DKで5万〜8万円が目安です。

 

<結婚のための費用の出所>

結婚に際して必要な金額をざっと見てみると、なんだか気が遠くなってきますよね。

ですがすべてをふたりで賄わなくてはならないわけではないので安心して下さい。

まずはご祝儀。結婚式にはゲストからのご祝儀があり、ご祝儀を結婚式費用に充てれば、

ふたりの貯蓄から出す費用はそれほど多くなくなります。

ちなみに、 ご祝儀総額の平均は232万円

もうひとつは親や親族からの援助です。

多くの人たちが親や親族からの援助も受けていて、援助の平均額は189万円

結婚のための費用はふたりの貯蓄を中心に、ご祝儀や親や親族の援助もプラスした金額から考えていきましょう。

 

<支払いのタイミング>

こうした費用を支払うタイミングはまちまち。

最初に出て行くのが、婚約指輪などプロポーズ関連の費用。その後、結婚式の会場を決める際に予約金などを支払います。

予約金は会場によって異なるりますが、10万円くらいが一般的です。

結婚式3カ月前くらいまでに顔合わせ費用が必要となります。

結婚式会場への支払いは結婚式の1カ月から1週間くらい前となる場合が多いです。

結婚式と新婚旅行、引っ越しのタイミングが異なれば、支払いのタイミングは分散されます。

一度に大金が出て行くことはそれほど多くはないのです。

 

プロポーズしてから結婚式を挙げるまで1年から1年半くらいかけるカップルが多いので、その間に2人で貯蓄することも出来ます。

プロポーズから結婚式までの貯蓄は目標がしっかりあるうえに、ふたりで協力してできるのできます。

 

<お勧めの貯蓄方法>

結婚に向けてはもちろん、新生活においてもふたりで協力して貯蓄をすることは大切です。

お勧めの貯蓄方法は、なんといっても給与天引きです。

これなら先に貯蓄を確保できるので、有無を言わさずにお金が貯まっていくはずです。

ふたりで共通の口座を作り、毎月その口座に決まった額を入金する方法は、ふたりで貯蓄を管理することができ、連帯感も高まるはず。

お金がないから結婚できないと悲観せず、これを機会にお金について見直してみましょう。

まったく貯蓄がないという人は、50万円100万円など目標額とプロポーズ月を決めてみましょう。

目標が達成できればそれが自信になり、プロポーズに踏み切れるかもしれません。

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top