はめる指によって違う指輪の意味|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

はめる指によって違う指輪の意味

 

 

普段何気なくつけているファッションリング、はめる指輪によって意味が変わるのをご存知でしたか。

リングをつける指それぞれに様々な意味や願いが込められています。

婚約指輪や結婚指輪を左手の薬指につけることは皆さん認識されていますが

その意味までは知らない方が多いのではないでしょうか。

ましてや、他の指にもそれぞれ意味がある事などご存じない方がほとんどだと思います。

指輪をつける意味やを知ると普段つけるファッションリングや

結婚指輪、婚約指輪がとても大切な指輪に感じてくるかもしれません。

 

ですので、今回は薬指に限定せず全ての指でリングをつる意味をご紹介いたします。

 

〇小指(ピンキーリング)

小指はチャンスと秘密の象徴とされています。

小指にリングをつけると心を落ち着かせてくれ、思いがけないチャンスを呼び込むといわれています。

 

・右手の小指

右手の小指にリングをつけることには”表現力を豊かにする”という意味があります。

自分の魅力を発揮したい時や自己アピールをしたい時などに効果があるようです。

また、”変わらぬ思い”という意味も込められています。一途に思い続ける力をくれるリングですね。

お守りとしての意味合いもあるので幸せにつながるともいわれています。

 

・左手の小指

左手の小指にリングをつける事にはチャンスを引き寄せるという意味があります。

変化を求めている時やチャンスを呼び込みたいときに効果的があるようです。

また、新たな出会いや恋人、愛を呼び込む力もあるとされており、特に恋愛においての効果が高いと言われています。

恋人がほしい方や相手との愛を深めたい方にぴったりのリングですね。

左手の小指の指輪には”願いを叶える”という意味も込められています。

 

 

〇薬指(アニバーサリーリング)

薬指は創造性を象徴する指とされています。

特に左手の薬指は、昔から血管が直接心臓につながっているとされ、神聖な誓いの指とされてきました。

 

・右手の薬指

右手薬指にリングをつけることは、インスピレーションを高めるという意味があります。

頭の中を冷静にして周囲の状況を把握する力や、直感、創造力が高まります。

良いものを生み出したい時にぴったりなリングです

 

・左手の薬指

左手の薬指にリングをはめることには”愛の絆”という意味があります。

古代ギリシャ時代から、左手の薬指には心臓につながる太い血管があるとされていて、

命に一番近いとても神聖なものでした。

そのため、男性も女性も左手の薬指に指輪をはめることで、永遠の愛の絆を誓うという意味が

込められるようになったと言われています。

仮に結婚していないカップルでも互いの愛を深め、絆を深めるという意味があるようです。

 

 

〇中指(ミドルフィンガーリング)

中指は直感やひらめきの象徴とされています。インスピレーションを高めて仕事や恋愛の手助けをしてくれます。

 

・右手の中指

右手中指にはめるリングは”邪気を払う”という意味があります。

邪気を払って力を呼び込み、自分のものにすることが出来るようなので、総合的な運気アップを願う方にもおすすめです。

また、直感力が冴えて運気を味方に付けることが出来るため、自分の思い描く結果に導くためにも効果的とされています。

 

・左手の中指

左手中指にするリングは協調性が高まると言われています。

相手や周りの空気を察知する能力が上がり、円滑なコミュニケーションを図ることが出来るようになるようです。

人間関係がスムーズになり、トラブルになりにくいという意味もあり対人関係や友人や家族との関係に悩んでいる方におすすめです。

 

 

 

〇人指し指(インデックスリング)

人指し指は行動力や自立心を象徴するとされています。自分の中から湧きでるひとつひとつの物事を適切に発信していく力を補います。

 

 

・右手の人指し指

右手人差し指につけるリングは集中力や執着力、行動力が高まると言われます。

ひとつのことに執着して、集中する力がもらえるリングのようです。

また、人の上に立ってリーダーシップを発揮するとき大切な、統率を取って道を指し示すという力も宿っているそうです。

 

・左手の人指し指

左手人差し指につけるリングには”積極性を高める”という意味があります。

自分の指し示す方向、ゴールに向けて前向きに進み取り組む行動力が生まれてくるそうです。

 

〇親指(サムリング)

”サム”とは英語で”親指”のことです。

古代ローマ時代の言い伝えで親指にリングをはめるとなんでも望みが叶うとされていました。

弓を引くとき、親指を保護するためにリングをつけたことがサムリングの始まりのようです。

 

・右手の親指

”指導力”を司るといわれる右手親指はリーダーを意味します。

リーダーシップを発揮したい時に力をくれるリングだと言われています。

また、”行動力・権威・意志”を持続させ、自分の信念を貫き、

あらゆる困難に打ち勝っていくことが出来るという意味も込められているようです。

自分を見失いそうなとき、負けそうなときや、行動力を発揮したいときにも効果的です。

 

 

・左手の親指

左手の親指は自分の信念を貫き前進する力が呼び込めるそうです。

突き進みたいときや貫き通したい何かがあるときに、そっと背中を押してくれます。

また、”目標を実現させる力”という意味もあるそうです。

達成したい目標や叶えたい夢、手に入れたいものがある方におすすめです。

 


◆ 神戸(三宮)・姫路・大阪(梅田)で婚約指輪や結婚指輪を

お探しならTRESOR KOBE へ。

TEL:078-333-5032

mail:jewelry-tresor.com

 

◆神戸元町(トアウエスト)ふたりで作る結婚指輪、婚約指輪の専門店は

atelier ROEへ。

TEL:078-945-8500

URL:https://atelier-roe.com

ROE 「facebook」

mail:contact@atelier-roe.com

Page Top