サムシングフォー、幸せを呼ぶ結婚式アイテ…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

サムシングフォー、幸せを呼ぶ結婚式アイテムをご紹介

 

結婚を意識した事のある女性なら『サムシングフォー』という言葉を一度は耳にしたことがあるかもしれません。

サムシングフォーとはヨーロッパで古くから伝わる、花嫁が身につけると幸せになれるといわれる4つのアイテムのことを指します。

 

<サムシングフォー>

1.サムシングオールド

2.サムシングニュー

3.サムシングボロウド

4.サムシングブルー

 

挙式や写真撮影の際にはサムシングフォーのアイテムを4つ揃えて、

大好きな彼と一生幸せでいられるように、これから先の未来に願いを込めましょう。

 

ここでは具体的になのを準備するべきなのか、お勧めのアイテムをご紹介します。

 

1.Something Old(サムシングオールド) なにかひとつ古いもの

サムシングフォーの一つ目は「サムシングオールド」

なにかひとつ伝統を表す『古いもの』を用意します。

サムシング・オールド」は新婦の先祖から続く幸せや富の象徴ととらえ、

幸福な結婚生活が長く続くためのお守りという意味合いがあります。

例えば、家族に代々伝わる物で特におばあちゃんやお母さんが使っていたアクセサリーなどがお勧めです。

とはいっても、代々伝わるものがどの家庭にもあるというわけではありません。

母親や祖母が身につけたウェディングドレスやベールなどをアレンジして使用するのが一般的なようです。

他のアイディアとしては、昔母親や祖母が着ていたドレスをリメイクして

ブーケの持ち手の部分に巻くのもヨーロッパでは人気なようです。

 

2.Something New(サムシングニュー) なにかひとつ新しいもの

サムシングフォーの二つ目は「サムシング・ニュー」

これからの新生活で使えるようななにかひとつ『新しいもの』を用意します。

「サムシング・ニュー」は、これから始まる2人の新生活を象徴します。

新たな気持ちで結婚生活にのぞむ意味をこめて、白色のアイテムを新調するのが一般的です。

ウェディングドレス用のパンプスや長手袋を用意して身に付けるのがお勧めです。

レンタル衣装の場合でも、一部のアイテムだけ新調すれば立派なおまじないになります。

 

3.Something Borrowed(サムシングボロウド) なにかひとつ借りたもの

サムシングフォーの二つ目は「サムシング・ボロウド」

なにかひとつ『借りたもの』幸せな結婚生活を送っているお友だちや隣人さんから

花嫁アイテムを借ることでその幸せにあやかるという意味があります。

気軽に借りられるのは、花嫁ハンカチあたりでしょうか。

ティアラやリングピローを持っているお友だちがいたら、それを借りるのもお勧めです。

 

4.Something Blue(サムシングブルー) なにかひとつ青いもの

そしてサムシングフォーの四つ目は

なにかひとつ『青いもの』を用意しましょう。

青は聖母マリアを表す清らかな色とされ、以前はウエディングドレスも青が定番で用いられていました。

今は白色が花嫁衣装の定番になっていますので

青色のアイテムを隠れたところに身につけることで夫に対する忠誠を表すとされています。

使用するアイテムはヨーロッパではガーターベルトが一般的でしたが、ブーケの中に青い花を一輪入れたり

日本では主に婚約指輪の内側に青い宝石(ブルーサファイア、ブルートパーズ、アクアマリンなど)をはめこむ方法が一般的です。

そうする事で、お式が終わってからも花嫁様の幸せが続いていくとされています。

 

一生に一度の結婚式、ぜひサムシングフォーのアイテムにこだわりを持って集めてみてください。

きっと幸せになれるおまじないが、これからの2人の未来を導いてくれることでしょう。

 


 

神戸(三宮)や姫路、大阪(梅田)で

婚約指輪や結婚指輪をお探しならトレゾアへお越し下さい。

TRESOR 

神戸市中央区北長狭通3丁目9-2

TEL: 078-333-5032

 

神戸元町(トアウエスト)で手作り結婚指輪、婚約指輪を作るなら

神戸市中央区北長狭通3丁目9-2

TEL: 078-945-8500

atelier ROEへお越し下さい。

 

 

Page Top