挙式の時に婚約指輪(エンゲージリング)を…|神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

神戸の婚約指輪・結婚指輪ならトレゾア

Blogスタッフブログ

挙式の時に婚約指輪(エンゲージリング)を着けることが出来るか

 

 

ダイヤモンドが輝き、2人の愛の証としてこれからの誓いとして存在感を放つ婚約指輪。

そんな大切な証を生涯一度だけの結婚式の舞台で眠らせておくのはもったいない。

どのように結婚式で婚約指輪を着けたらいいのか。

と言う意見をよく耳にします。

 

通常結婚式では結婚指輪をつけるものですが「婚約指輪」もつけたい

という女性は婚約指輪を受け取った方の中でおよそ6割にのぼります。

 

しかし、「結婚式で婚約指輪はつけたい」と思う女性が多数派とはいえ

いざ結婚式のプランを考えていると

「いつから着けるのか」「着け外ししているうちに無くしたりしては大変」などと不安になりますよね。

そんな女性の不安を解消する演出の方法があります。

 

指輪交換の際お互いの左手薬指に結婚指輪を通し合った後に、

あらかじめ新婦の右手薬指に着けていたエンゲージリングを

新郎が新婦の左手の結婚指輪に重ねて付けます(結婚指輪の交換の後、新婦自ら婚約指輪を左手に付け変える事も出来ます)。

結婚指輪の上から婚約指輪を重ねてつけることで、「永遠の愛にフタをする」という意味を表しています。

 

しかし、挙式の時にグローブを着けていてエンゲージリングを右手に着けるのが難しいという場合もあります。

その際には、披露宴から着ける方法やお色直しの時に着けて登場する方法もあります。

せっかく彼からもらった、華やかな婚約指輪。ぜひ結婚式でお披露目してくださいね。

 

神前式の場合は宗教的な儀式ではないもののお願いすれば

指輪の交換を演出として取り入れてもらえるところが多くなっています。

その場合、お式の際には結婚指輪を交換してその後の披露宴などで婚約指輪を重ね付けで登場させましょう。

 

結婚式を終えると、婚約指輪の活躍する場面が減ることが考えられます。

そうすると次に気になるのが、普段どの場面でエンゲージリングを着けたらいいのかということですね。

一般的には下記のような機会に身に付けている方が多いようです。

 

・友人、知人の結婚式

・レストランやクラシックコンサートなどかしこまったお出かけの際

・お子様の入学式や卒業式などの行事

 

しかし、着ける機会を探っていては箪笥の肥やしになってしまいます。

デザインによっては普段の外出でも気軽に着けられるものもあります。

華奢なものは結婚指輪との重ね付けをしてお出かけもしやすいですよ。

指輪選びの際に今後の着けやすさなども考慮してみて下さいね。

 

TRESORでは婚約指輪(エンゲージリング)結婚指輪(マリッジリング)あわせて500種類以上ある

オリジナルデザインのサンプルリングをご自由にお手に取ってご覧頂けますので

重ね付けの組合せもお客様次第で何通りにもアレンジが可能です。

ご自身のお好みや服装に合った運命の指輪一本を見つけてみませんか。

 

 


神戸(三宮)や姫路、大阪(梅田)で

婚約指輪や結婚指輪をお探しならトレゾアへお越し下さい。

TRESOR 

神戸市中央区北長狭通3丁目9-2

TEL: 078-333-5032

 

神戸元町(トアウエスト)で手作り結婚指輪、婚約指輪を作るなら

神戸市中央区北長狭通3丁目9-2

TEL: 078-945-8500

atelier ROEへお越し下さい。

Page Top